IT可視化ベンチマーク「SLR®」の特徴

2004年からサービスの提供を行っているスクウェイブのIT可視化ベンチマークサービス、SLR(サービス・レベル・レイティング)。
2008年2月には、ITプロセス/ITマネジメント領域も対象となり、更に2013年、IT投資/IT予算の評価を開始いたしました。 SLRはさらなる発展を続けています。
これまで多くの企業や地方自治体の皆様に、ITの可視化の手段としてこのSLRが選ばれてきた理由は、 まさにSLRがSLRにしか持ち得ない特徴を備えているからです。
お客様が主体となってITコストの妥当性を判断できる“真のITの可視化”。
これを実現したSLRが誇る4つの特徴と、SLRが評価されているポイントをご紹介します。

SLR®の4つの特徴

指標/判断基準を公開 評価をどのように行うのか、指標と判断基準を公開しています。 ベンチマークの結果を見て、お客様が自らITコストの妥当性を判断することが可能です。
比較対象(企業/団体名)を公開 比較対象が明確になるよう、SLRに参加している企業や団体名を全て公開しています。 (個別データは開示しません)>参加企業一覧
同時期のデータのみ活用 進化の早いITに対応したベンチマークを実現するには、同時期のデータで比較することが重要です。 古いデータを用いず3年以内の最新データのみを活用します。
コストと業務レベルの相関を考慮 コストだけの比較ではなく業務レベル(業務の品質および成熟度)との相関を考慮してコストの妥当性を診断します。 業務レベルを加味して判断すると、経営の方針によって判断の内容は違ったものになります。

そのほかSLR®が評価されるポイント

規模にとらわれない
比較が可能
SLRは組織規模での分類・比較は行わず、正規化した指標で比較するため、組織の規模にとらわれない比較が可能です。 たとえば、ITプロセスの「開発」「保守」の領域を比較するときには、 ファンクション・ポイントあたりのコストを算出します。
他業種とも比較が可能 SLRは“IT組織の運営形態”で分類し比較します。
業種ごと分類ではITコストおよび業務レベルの特性は見出せず、「IS子会社が存在する企業なのか」あるいは「特定のベンダーに 長期に包括アウトソーシングしている企業なのか」など、その“運営形態”で分類すると運用形態ごとにITコストおよび業務レベルに特性があることがわかりました。 >IT組織運営形態別分類方法
SLA/Mの
指標に役立つ
SLRの指標はそのままSLA/Mの指標になります。
またSLRの結果から、妥当な目標値が設定可能になります。
低価格

SLR標準価格(SLR-Basic+SLR-Management):600万円(税別)
SLR-Basic標準価格:350万円(税別)
SLR-Management標準価格:350万円(税別)
SLR-View標準価格:240万円(税別)
SLR-View One標準価格:240万円(税別)
 *調査実施先が東京近郊以外の場合、交通費・宿泊費を別途ご負担いただきます。

>SLRについての詳細は、こちらのページへ